ツールの構築に時間がかかる

マーケティングオートメーションにはツールの構築が必要

マーケティングオートメーションをするためにはシステムを導入しただけでは十分ではありません。システムはあくまでマーケティングオートメーションをおこなうための基盤であって、実際に実行するためにはツールを構築することが必要です。どのような形でマーケティングをするかを定義していき、マーケティング先となる顧客情報のデータベースも構築しなければなりません。今まで顧客情報を収集してきたなら、システムのフォーマットに合わせることでインポートすることは可能です。しかし、マーケティングオートメーションの持つ多彩な機能を使うためには十分ではないことも多く、運用を通してデータを蓄積していくことが必要になるのが一般的です。

ツールは最適化が必要

マーケティングオートメーションのツール構築をするだけでも施策を考えつつ、データベースを構築することが必要なのでかなり長い期間が必要になります。しかし、マーケティングオートメーションの効果を引き出すためにはツールを最適化することも重要です。仮説検証を通してマーケティングオートメーションの効果を最大化するためにツールを改善していくことが必要になります。改善の施策は継続することが必要で、一度完成したと思ったとしても、少しするともっと良い方法が見つかるのが普通です。そのため、マーケティングオートメーションを導入したらずっとツールの最適化を目指して取り組みを続けていかなければならないので注意しましょう。