ミスを減らすことができる

人的なミスをなくせる

マーケティングオートメーションは人的ミスをなくして確実性の高いマーケティングを進められるのがメリットです。例えば、メール配信をするときに、あるグループに配信するつもりが操作ミスによって別のグループに配信してしまうミスが起こることがあります。誤送信をしてしまうとトラブルの原因になるだけでなく、ユーザーからの信用を失うことにもなりかねません。クーポンを誤送信してしまうと、売上にも影響を及ぼすリスクがあります。しかし、マーケティングオートメーションなら機械的に送信してくれるので人的ミスが起こりません。あるマーケティング担当者がうっかりミスをしたために大損失が起こるということがないので安心できるでしょう。

設定するときのミスには注意

マーケティングオートメーションを使うとミスがゼロになるというわけではありません。あくまで人がうっかり起こしてしまうミスを減らすことができるだけです。どのような計画でマーケティングをするかを設定するのはやはり人なので、設定する時点でミスをしてしまうと想定通りのマーケティングができません。メール配信を設定する時点で配信先のグループを間違えてしまっていたら、間違えた先のグループにメールが送られてしまうことになります。ただ、設定をした後にチェックして正しいかどうかを確認することは可能です。ダブルチェックのシステムを作れば安心でしょう。メールの場合には送信したらキャンセルできませんが、設定は実行される前なら設定し直せるからです。