コストがかかる

イニシャルコストと時間的コストが必要

一般的にマーケティングオートメーションは、導入すると売り上げが上がったり、人件費を削減できたり、適切な人員配置ができるといったメリットがあるとされます。ですが、マーケティングオートメーションを導入するためには、一定のコストがかかり、時間的なコストも見逃せません。マーケティングオートメーションシステムは、価格が安いものもありますが、一般的に数十万円から百万円を超えるものまでいろいろあります。マーケティングオートメーションは、システムを購入したからといってすぐに使えるものではありません。自社に合う使い方ができるように初期設定したり、コンテンツを作成したり、使い方を教育するなどの時間的コストも必要になります。

ランニングコストがかかることも理解して導入する

マーケティングオートメーションは、設定が完了したらすぐに結果が出ると考えてはなりません。そして、運用をするうえでもコストがかかることを銘記して導入することが大切です。一般的なマーケティングオートメーションシステムは、運用コストとして数万円から数十万円必要となります。マーケティングオートメーションは、基本となるツールの他に有料となるオプションがあり、必要であれば追加費用が発生する可能性があります。見込み客を獲得するための広告費用も導入前以上にかかってくるかもしれません。また、コンテンツは一度作ったら永久に効果を発揮するというものではないため、定期的に見直したり、効果性が減少したら追加のコンテンツを作るなどの作業も発生します。