業務の手間が省ける

マーケティングオートメーションは自動化ツール

マーケティングオートメーションは基本的に自動化のために開発されたツールなので業務の手間が省けます。人が手動でおこなっていた作業を自動化し、マーケティングオートメーションシステムによっておこなってもらえるようにする設定が可能です。例えば、メールを配信するときに手作業でおこなっていたかもしれませんが、マーケティングオートメーションを使えば送信日時をスケジュールしておくと自動送信ができます。また、効果測定の集計も人の手で実施していることがよくありますが、データを集計してまとめ上げるのも自動です。自動でできる範囲を広げていくと業務の手間がどんどん少なくなっていき、マーケターの労務負担を軽減することができます。

自動化の設定は必要になる

マーケティングオートメーションによる自動化は手間を減らせるメリットがあるのは確かですが、自動化ツールとして機能させるためには設定が必要です。マーケティングオートメーションのシステムを導入しただけでは手間は減らないので注意しましょう。例えば、いつどんな方法で誰をターゲットにして施策を実行するのかは人がプログラムしなければなりません。ユーザーインターフェースが優れているマーケティングオートメーションのシステムを選べば簡単に設定ができます。ただ、操作性の良さはシステム次第なので、手間を省くのを目的として導入するならできるだけわかりやすくて直感的に操作できるユーザーインターフェースのシステムを選びましょう。